とよま秋まつり2019 9/14(土)・15(日)開催 薪能 アクセス

9月14日(土)・15日(日)とよま秋まつりが開催されます。

小笠原流百々手式弓術、薪能が行われ、太鼓・笛のお囃子に豪華な山車や神輿が城下町を練り歩きます。

340年の歴史あるお祭りで、その歴史と文化は地元民に親しまれ守られてきました。

皆さんお誘いあわせの上、是非ご来場ください。

 

概要

 

とよま秋まつり

開催日 9月14日(土)、15日(日)
時間

14日14:00~21:00

15日9:30~17:00

場所

登米市登米町寺池地区(武者行列等会場)

伝統芸能伝承館「森舞台」(薪能会場)

お問合せ 登米秋まつり協賛会事務局(登米市登米総合支所市民課地域振興係)
TEL:0220-52-5051
駐車場 有 (観光物産センター「遠山之里」駐車場利用)

 

 

宵祭 9/14(土)

 

まつりの為に各町内会で製作された山車と神輿が三日町・九日町通りに集まり、夜には山車がライトアップされます。

山車照明審査19:00~

登米薪能(たきぎのう)奉納

 

伊達藩主が作り上げた流派・大倉流。230年以上にわたって伝承される「とよま能」です。

9/14(土)

開場 16:00

開演 17:00

会場:伝統芸能伝承館「森舞台」

演目:能「羽衣」・狂言「柿山伏」・仕舞

 

引用:みやぎの明治村

 

焚火の明かりに照らされ能は宮城県の無形民俗文化財。

引用:登米市

 

観覧料金/前売り・当日券 A席2,500円 B席1,500円

 

本祭 9/15(日)

 

山車と神輿が町を練り歩き、踊りやパレードが行われます。迫力の五葉山火縄銃鉄砲隊を是非ご覧ください。

交通公園ですべての山車が一堂に会し、お囃子が鳴り響く中、フィナーレを飾ります。

 

引用:登米市

 

 

シャトルバス

 

登米総合支所からシャトルバスが運行されます。

 

アクセス

 

三陸自動車道・登米ICより車で約5分。

東北自動車道・築館ICから車で約40分。

JR気仙沼線・柳津駅から宮交登米バス登米行きで約15分「登米三日町」下車。

JR仙台駅(青葉通旧さくら野百貨店前「32番」乗り場)から東日本急行バス・とよま総合支所行きで約97分「とよま明治村」下車。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です