エメラルド 「緑色(グリーン)の石」を意味する神秘な魅力

クレオパトラが愛した石。三大宝石:ルビー、サファイア、エメラルド。世界最大のエメラルド、エメラルドの洞窟、smeraldo、神秘的な光を放つエメラルドをご紹介。

引用:http://ord.yahoo.co.jp

エメラルドとは

エメラルドはベリルの一種で緑色の宝石。語源はサンスクリット語で「緑色の石」を意味する「スマラカタ」にあります。

産出国はコロンビア、ブラジル、ザンビア、ジンバブエ、マダガスカル、パキスタン等。エメラルド鉱山の多くはかつて海底にあったため岩塩の結晶や塩水等の内部に、クラック(ヒビ割れ)やインクルージョン(不純物)を含むものも多い。無数の傷があるものが天然物の証です。硬度の高い石ですが内部に無数の傷があるため衝撃に弱く指輪の台座に乗せるだけで割れてしまうこともあり「職人泣かせの石」と言われていました。

エメラルドの歴史

エメラルドの古い歴史を持つ宝石。紀元前四千年頃には、バビロニア帝国の首都バビロンで、すでに取引されていたと伝えられています。 

プトレマイオス朝エジプトのクレオパトラにも愛用され、古代ローマのカエサルも治療のために集めていたといいます。

古代ギリシャ・ローマ神話のヴィーナス(自然を司る)とも関わりが深く愛と美を象徴する石、「ヴィーナスに捧ける宝石」と言われていました。

また、ヒーリング効果があると信じられ「瞳を美しくする」という有名な伝承もありました。昔から石にはパワーがあると信じられていたんですね。

古代インカ族・アステカ族もこの石を神聖な石として崇拝。

南イタリア・ベスビオ火山の噴火で一晩で火山灰に覆われてしまったポンペイ(世界遺産)。19世紀の発掘により街が姿を現しエメラルドの宝飾品も発見されました。

地下から発見された裕福なグループの内の一組の男女が沢山のエメラルドの宝飾品を身に着けていたため骨が金属反応で緑色に染まっていました。

この骨が緑色に染まった男女はグリーンマン、グリーンレディと名づけられました。

エメラルドの石言葉は

エメラルドの石言葉は幸福と希望。5月の誕生石。

誕生石と意味を紹介します。

誕生石意味
1月ガーネット真実・友愛・忠実
2月アメジスト誠実・心の平和
3月アクアマリン、ブラッドストーン、サンゴ沈着・勇敢 ・聡明
4月ダイアモンド清純無垢
5月エメラルド、ヒスイ幸運・幸福・希望
6月ムーンストーン、パール健康・富・長寿
7月ルビー熱情・仁愛・威厳
8月ペリドット、サードニクス夫婦の幸福 ・和合
9月サファイア慈愛・誠実・徳望
10月オパール、トルマリン歓喜・安楽・忍耐
11月トパーズ、シトリン友情・希望・潔白
12月トルコ石、ラピスラズリ、タンザナイト成功

世界最大のエメラルドはいわくつき⁉

引用:Fox news

世界最大のエメラルドは、バイア・エメラルドと呼ばれ341㎏もの原石。

2011年にブラジル東部の湾岸地域にある、バイア州のカーナイバ鉱山で発見されました。

バイアエメラルドは、呪われたエメラルドとして有名な伝説があります。

採掘された原石はロバを使って運搬。鉱山からからジャングルを通って行く途中にパンサーの群れにロバが襲われ、採掘者達は街まで341㎏の巨大石を自分たちの手で運び、その後鉱山所有者の倉庫に。

採掘者の1人が友人に連絡を取り、そしてブラジルにやってきたアメリカ人と知人は巨大なエメラルドを気に入り、密輸。

報道と同時に多くの人がバイアエメラルドの所有権を主張し争いが勃発。

放火や誘拐事件、多額の裁判費用による破産…、エメラルドの周りでは多くの事件や不吉な出来事が次々起こりました。

4億ドル(約434億円)の価値があるといいます。

2017年、同じ鉱山で360㎏の新たな巨大エメラルド原石が発見されました。

3億9百万ドル(約335億円)ほどの価値だそうです。

神秘的な美しさエメラルドの洞窟

「青の洞窟」は大変有名ですが「エメラルドの洞窟」もとても美しい洞窟です。

世界一美しいと言われる南イタリアの世界遺産「アマルフィ海岸」。サレルノ湾に面し複雑に入り組んだ海岸線で1932年、地元の漁師によって発見された洞窟です。

船やバスか車で洞窟入り口まで行き小舟に乗り換えて洞窟内部を一周。

洞窟の外から差し込む太陽の光が反射して水面をエメラルド色に染め幻想的な雰囲気。

イタリア人船頭がオールを使って水を跳ね上げると水しぶきがまるで宝石のようにキラキラと輝きます。

引用:コンカデイマリーニ旅行

smeraldo

smeraldo:イタリア語でエメラルド。

ネットで検索したところ架空の花⁇と出てきました。

韓国のフラワーショップでUPしているようです。

引用:http://ord.yahoo.co.jp

花言葉は「伝えられない真意」だとか。

誕生石のサンキャッチャー

サンキャッチャーとは、窓辺につるし太陽の光を集め部屋の中に小さな虹色の光をたくさん反射させるインテリア・ガラスのオブジェ。

北欧からきたサンキャッチャー。北欧では冬・日照時間が短くてもサンキャッチャーをつるしきらきら輝く光を部屋に取り込み、長い冬を楽しんでいたんですね。長い冬を家で過ごすためインテリアや家具が素敵なものが多いんです。

風水でも運気を上げる・光の反射力で邪気を拡散してくれるアイテムだとか。誕生石カラーのサンキャッチャーで光を楽しんでもいいですね。

天使のサンキャッチャー 虹色の光が部屋中に反射します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする