ジャニー喜多川さん死去 多くのアイドルを育成 今後の事務所は?

ジャニーズ事務所社長、喜多川擴(きたがわ・ひろむ)さんが、7月9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため東京都内の病院で亡くなりました。

事務所が書面を通じて発表し、通夜・告別式についてはタレントたちとJr.のみでの「家族葬」を行うとのことです。

ジャニーさんは先月18日体調の異変を訴え、病院に向かう途中に意識を失い緊急搬送。その後、意識を取り戻し容態が一時回復し、タレントたちと和やかに過ごしたという。

そして、2019年7月9日、87歳、人生の幕を下ろしました。

引用:日刊スポーツ

ジャニーズ事務所による訃報・全文

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

弊社代表取締役社長ジャニー喜多川につきましてご報告がございます。

2019年7月9日午後4時47分、都内病院におきまして、ジャニー喜多川は、永眠いたしました。

享年87歳、死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血でございます。

ジャニーは、自身が育てたタレント達を応援してくださるファンの皆様やご支援くださる関係者の皆様に支えていただくことにより、自身の創作活動が成立し、日々、タレントの育成に励むことができていることに、日頃より大変感謝いたしておりました。ジャニーに代わりまして、心より御礼申し上げます。

2019年6月18日午前11時30分頃、自宅におきまして体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い、救急搬送されました。搬送後、集中治療室におきまして懸命な救急措置を行っていただいたことにより、一般病棟に移ることができましたため、病院のご協力もあり、ジャニーは、自身にとって子供のような存在でもございますタレントやJr.(ジュニア)との面会を果たすことができました。ジャニーがタレント達と過ごした病院での日々は、かけがえのない時間となりました。新旧、様々な楽曲の流れる病室におきまして、年長のタレントからJr.までが同じ空間でジャニーとの思い出を語り合う、微笑ましく、和やかな時間が流れていきました。片時もジャニーが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレント達は入れ替わり立ち替わり病室を訪れました。ジャニーの好物を皆で賑やかに食べることが日課となり、その光景と匂いからまるで稽古場にいるかのような感覚を覚え、皆、懐かしい記憶がよみがえりました。ときに危険な状態に陥ることもございましたが、タレント達が呼びかけ、体を摩るたびに危機を脱することができました。タレント達と過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供達との絆の強さを感じました。そして、最愛の子供達の愛に包まれながら、2019年7月9日午後4時47分、ジャニー喜多川は、人生の幕を下ろしました。

ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr.達に、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました。

1962年ジャニーズ事務所の創業以来、ジャニーは一途にエンターテイメントの創出に励んでまいりました。ジャニーのエンターテイメントに欠かすことができないのはタレントです。これまで多くのタレント達を生み育ててまいりましたが、一貫しておりましたことは、タレントとしてだけでなく、一人の人間として成長することを強く願っておりました。現在では、多くの皆様に支えていただくことで創業当時では考えられない程多くのタレントが、様々な分野で活躍させていただいていることにいつも感謝しておりました。

ジャニーが私達に最後まで言い続けていたことは、自身の意思を受け継いでくれるタレントを絶え間なく育成し、そのタレントと社員が、エンターテイメントを通じて世界中の皆様に幸せをお届けすることこそが、ジャニーズグループとして決して変わることのない思いであるということです。そして、世の中がいつまでもエンターテイメントを楽しむことができる平和で希望に満ちた未来であり続けることを心から願っておりました。これからタレントと社員がその意思を受け継ぎ、一人一人が役割を果たすことで世界中にジャニーの願いが届きますよう、タレントとスタッフ一丸となり、精進してまいりますので、何卒ご指導賜れますと幸甚に存じます。

改めまして、ファンの皆様、そして関係者の皆様には心より感謝申し上げます。

そして、この入院期間中におきまして、ご尽力くださいました病院関係者の皆様はじめ、ご支援くださいましたすべての方々に心より御礼申し上げます。

通夜・告別式につきましては、ジャニーの子供でございますタレント達とJr.のみで執り行う家族葬とさせていただきますので、何卒ご理解賜りたく存じます。

なお、これまでお世話になりました皆様にお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます。

大変恐縮ではございますが、個別のお問い合せ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 2019年7月9日

株式会社ジャニーズ事務所

ジャニー喜多川

本 名:ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)

漢字表記:喜多川 擴(きたがわ ひろむ)

生年月日:1931年(昭和6年)10月23日

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ

美空ひばりのロサンゼルス公演でステージマネージメントをし、ひばりさんと親しくなり日本芸能界へ進出するきっかけとなる。

1960年代初頭、少年野球チームのコーチをしていて、そのチーム名は「ジャニーズ」。野球チームのメンバー4人と映画「ウエストサイドストーリー」を観て感動し、4人のメンバーで最初のグループ「ジャニーズ」を結成。

1962年(昭和37年)6月にジャニーズ事務所を創業。ジャニーさん31歳。

フォーリーブス 郷ひろみ たのきんトリオ しぶがき隊 少年隊

男性アイドルという一つのジャンルを確立する。

1991年 SMAP デビュー

1994年 TOKIO

1995年 V6

1997年 Kinki Kids

1999年 嵐

2002年 タッキー&翼

2006年 KAT-TUN

2007年 Hey!Say!JUMP

SMAPは国民的アイドルとまで言われ、多くのタレントを育て、スターを生みステージで輝かせた。そして、タレントたちはジャニーさんを「親のような存在」と語る。

所属タレントを「YOU」と呼び、自信がないタレントを励ますために「YOU、やっちゃいなよ。」とかけた言葉は、ジャニーさんのものまねとして広くに親しまれた。TOKIOの国分太一さんもこの言葉がずっと胸の中にありますという。7/10「ビビット」より

ギネス世界記録は3つ

・最も多くのコンサートをプロデュースした人物

・最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物

・最も多くのチャート1位アーティストを生み出したプロデューサー

として3つのギネス認定を受けている。

ネットでは

ネットでは、ジャニー社長の逝去を受け、お悔やみ・書き込みが続々。

ツイッター上では「#ジャニーさんありがとう」というハッシュタグが広がっている。

「小学生の頃から今に至るまでジャニーズには幸せを沢山頂きました。ジャニーさんには感謝しかありません」

「これまで沢山の夢と希望を与えてくれてありがとうございました。今こうしてジャニーズを好きになって幸せな暮らしが出来ているのは紛れもなくジャニーさんのお陰です。ご冥福をお祈りします」

「素晴らしいグループを作ってくれてありがとうございました!」

「ジャニーさんが作り上げた素晴らしいエンターテイメントはたくさんの人を幸せにし続けると思います。これからもジャニーズである彼らを導いてください」

引用:JCASTニュース

ジャニーズ事務所の今後は?

ジャニー氏の訃報を受けて、ジャニーズ事務所は今後どうなるのか。新社長には、姉の藤島メリー泰子副社長(92)ではなく、その長女でジャニーさんの姪にあたる藤島ジュリー景子副社長(52 )が就任する見通しで世代交代を加速させる。

さらに、昨年末には所属アイドルとして人気も実力もあった滝沢秀明氏(37)が芸能活動から引退し、裏方に転身。年明けから、新関連会社「ジャニーズアイランド」の社長として、ジャニーズJr.のプロデュースや新人発掘に従事。同社会長でもあるジャニーさんの後継者として、ジャニーズ事務所の世代交代に尽力している。

引用:スポニチ

家族葬 タレント150人参列

12日、ジャニー喜多川さんの家族葬が東京都内で営まれました。報道陣非公開、ジャニーズJr.の稽古(けいこ)場で会場の設営や運営もできる限りタレントたちの手で行われたという。

所属タレントら約150人参列。司会は「TOKIO」の国分太一さんと「V6」の井ノ原快彦さんが務めた。

「家族葬」に参列するため、午前9時過ぎころから所属タレントたちを乗せた事務所車が続々と地下駐車場へ。大型バス2台でやってきたのは、関ジャニ∞大倉忠義、KAT-TUN中丸雄一、Hey!Say!JUMP八乙女光、伊野尾慧など。喪服に身を包んだ人気アイドルたちは、皆神妙な面持ちで粛々と入っていった。

また、午後1時半ころには、霊柩車がビルの地下駐車場へ入っていった。出棺ギリギリにTOKIOの城島茂と松岡昌宏がうつむき加減で会場に到着。

午後2時半、ジャニー喜多川氏を乗せた黒塗りの霊柩車が、地下駐車場から雨天の空の下へと姿を現した。通常、親族などの喪主が座る助手席には、遺影を胸の前に大事に持った滝沢秀明が悲しみをこらえるかのように、うつむきながら静かに座っていた。

引用:FRIDAY

代表して東山紀之さん、高橋優斗さん、堂本光一さんが感謝の言葉を述べ、最後に近藤真彦さんが締めくくったとのこと。

葬儀後、近藤真彦さんが事務所を通じて出したコメントです。

ジャニーズらしい、葬儀になりました。

時には涙、時には笑いと、ドラマチックな意味のある時間でした。

一人一人が、ジャニーさんを語りました。

この3週間、東京・大阪に限らず全国のお世話になった方たちに心から感謝申し上げます。

これからも、タレント一丸となって頑張りますのでご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

同事務所は「これからもジャニーの意思を受け継ぎながら、成長し続けることができるよう、皆で精進してまいります」とのコメントを出した。

引用:時事通信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする