大崎市三本木・菜の花まつり2019 4.20(土)~5.6(月) ふんわり明るい黄色の世界

大崎市三本木・ひまわりの丘で4月20日(土)~菜の花まつりが開催されます。

6ヘクタールの広大な斜面に約200万本の菜の花が植られ、目の前に菜の花のふわりふわりとした明るい黄色い世界が広がります。

雪を残した奥羽山脈を望むことができ、時期が合えば桜もいっしょに見ることも。北国の春の風景です。

引用:大崎市

概要

菜の花まつり2019

開催期間4月20日(土)~5月6日(月)
時間9:00~17:00
場所大崎市三本木斉田地区 ひまわりの丘
お問合せ

大崎市三本木総合支所地域振興課

TEL:0229-52-2112

大崎市HP

駐車場

運営協力費として普通車300円

大型バス1,000円(約200台)

休憩所・売店・トイレ

開催期間中、屋根のある休憩所、プレハブの売店、仮設トイレが設置されます。

菜の花を使ったクッキーやソフトクリーム、地元の特産品等販売。

有料で菜の花を摘んでお持ち帰りもできます。

口コミ情報

風の強い地域(冬は豪雪地帯)なのでショールか1枚多く持っていくといいかもしれません。春はちょっとした時間でグッと冷えたりしますので。畑なので靴はスニーカー。

開花状況は大崎市のHPでUPされますので、お出かけの時はチェックしてみて下さいね。

菜の花

原産地は、ヨーロッパ、東アジアで、アブラナ科アブラナ属。

春の花で、花の色は、黄、オレンジ、白、紫。

菜の花・Wikipedia

花言葉

「快活」「明るさ」

食用

春にスーパーで菜の花のつぼみが食用として販売されていますね。おひたしが定番でしょうか。私は少し咲いているくらいの方がきれいで好きです。

バターソテーやパスタに和えたり お吸い物、ちらし寿し、煮物の青い色味として料理にのってあるのも春っぽくていいですよね。

アクセス

JR東北新幹線・古川駅よりミヤコーバス三本木音無行きで約30分

→三本木音無下車後、徒歩約10分。

東北自動車道・大和ICより車で約15分。

三本木スマートICより車で約5分。

古川ICより車で約20分。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする