仙台うみの杜水族館・ペンギンのキングヒナと東伊豆の動物園のかわいい動物

「中に人が?」

今月10日に来場者がツイッターに動画を投稿

157万回以上再生されそのあまりの大きさとかわいさが話題に。

うみの杜水族館で飼育されている、もこもこ茶色い、まだ5ヶ月のオウサマペンギンの赤ちゃんです。

他にも可愛い動物たちが話題になっています。

うみの杜水族館 ペンギンのヒナ

引用:朝日新聞デジタル  

~仙台放送がうみの杜水族館へ取材に~

オウサマペンギンの赤ちゃんです。大きくて真ん丸。隣にいるのが大人のオウサマペンギンなんですけれども、大人よりも体が大きくて赤ちゃんには見えません。
まるで、たわしやキウイのような、ふわふわした丸い姿。
飼育している仙台うみの杜水族館によりますと、オウサマペンギンのひなとしては通常サイズだそうです。

引用:仙台放送

通常サイズ…

どうして大きく見えるの?

仙台うみの杜水族館 飼育担当者
「体の大きさもペンギン界で2番目に大きな種類のペンギンなので、その分体の面積も広いので、たくさんの綿羽が生えています」

「丁度いま茶色い羽が生え変わる時期になっていて、生え変わるために体力を蓄えているので大きくなっています」

現在、生後5ヵ月で体長は約90センチ。体重は15キロで成鳥のオウサマペンギンより2、3キロ重いそうです。

引用:仙台放送

うみの杜水族館では、6種類のペンギンがおなじ場所にいて、その中でも大きい種のペンギンのヒナ。

小さい種類の大人ペンギンの中にいたのでこんなに巨大に見えたんですね。

実際訪れて見た人は

訪れた人は

「すごく大きさも貫禄があって可愛らしくて」

「人が入っているみたいという話を聞いていたんですけど、思った以上に人が入っている感じがして面白いですよね」

「1番長老ぽかったですね」

引用:仙台放送  

うん、うん。この貫禄 (*^-^*)

引用:うみの杜水族館  

もこもこ姿もあと2~3週間

赤ちゃんペンギンは、現在、1日のほとんどを寝て過ごしていて、取材中もじっと同じ場所に立っていました。

綿羽はすでに抜け始めていて、このもこもこした姿が見られるのも、あと2、3週間ほどだということです。

引用:仙台放送

今だけなんですね。。。

引用:うみの杜水族館  

ツイッターでキングヒナちゃんっても呼ばれてます。

その後のヒナちゃん

1月末、あっ、だんだん白くなっていき、うでから黒いものが…

違う生き物になっていくようです。

  

引用:うみの杜水族館

大人へと成長していくのね。

2月半ば、頭だけ何かを被っているようになってきました。何か黄色いものも。

まるまるとしたペンギンですなぁ。

 

引用:うみの杜水族館

わわわっ、もうちょっとですね。小顔…。

引用:うみの杜水族館

換羽完了

2月21日、換羽完了(うみの杜水族館より)。おでこに少し残すのみ。精悍な顔から男の子っぽいとのこと。

引用:うみの杜水族館

かゆいですか?

首を伸ばすとちょっとすっきり見えますが、周りと比べると丸い。まだまだ子供体系です。ヒナちゃん、これからもずっと、うみの杜水族館に元気で居てね♡

うみの杜水族館のかわいい動物

うみの杜水族館の飼育員さん、お客さんがかわいい動物たちの画像・動画をツイッターにUPしています。

本当にかわいいですね。

巣材を口いっぱいにくわえた二ホンリス  

お昼寝くるりちゃん・ツメナシカワウソ

引用:うみの杜水族館

ブレーメンの音楽隊?伊豆アニマルキングダム

そして、こちらは静岡県東伊豆町の動物園「伊豆アニマルキングダム」。

静岡県東伊豆町の動物園「伊豆アニマルキングダム」で、ヤギの仲間「マーコール」の子が、一緒に飼育されているシマウマの背中に乗るようになり、グリム童話の「ブレーメンの音楽隊」のようだと来園客の間で話題になっている。

シマウマの背中に我が物顔で乗るのは、昨年5月に生まれた雌の「きなこ」。昨年末から飛び乗るようになったという。21日も草を食べ飽きたきなこが突然、高さ1メートル以上あるシマウマの背にジャンプ。みごと4本足で立つと、来園客から歓声が上がった。「きなこの遊びでしょうね」と同園。やんちゃなきなこに背中に乗られても、シマウマは涼しい顔で餌を食べていた。

引用:読売新聞

かわいいです。

ほっこりします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする