宮城自慢の旨い飯と北寄・牡蠣「ほっきめし」「かきめし」亘理・松島

宮城自慢の美味しいごはん 

「ほっきめし」「かきめし」

宮城県仙台の南にある亘理町では、鮭とイクラで作った「はらこめしも」が有名ですが、「ほっきめし」もおいしいので是非食べていただきたい。

そして、同じく冬の味覚「かきめし」期間限定。こちらは仙台の北、松島が牡蠣の生産は有名です。

豊かな海の恵みと宮城の美味しいお米は相性抜群。お店でできたてを食べてみて下さい。各店の甘辛ダレでさっといい塩梅に煮ているので身はふっくら、素材のそのものの味・新鮮さもわかります。

時間に余裕がない方はお弁当・テイクアウトでも。冷めても美味しい。でも、お早めにお召し上がりくださいね。牡蠣味噌がチョンと乗っているのもあります。この牡蠣味噌がごはんに合う、合う♡

宮城の海の幸 新鮮な素材

ほっき

ほっき:少し火を入れると先が赤くなって見た目も美しく、厚みもあり味わいのある貝です。

写真提供:宮城県観光課

牡蠣

良い牡蠣を作る為、森から育てています。今はもう常識になっていますかね。

「海は森の恋人」と言われているように、美味しい「牡蠣」を作るには、山から川に流れる滋養豊かな水が大切です。これが旨みと牡蠣の大きさに影響するのです。
普通、牡蠣は2年で出荷されますが、松島湾産の牡蠣は1年で出荷する「若い牡蠣」です。
蔵王連峰などを源とする鳴瀬川や高城川が流れ込む松島湾の水に、森からの豊富なミネラルや栄養分に恵まれているからこそ、早く美味しい牡蠣が育つといわれています。
松島湾産の牡蠣は広島牡蠣と並び称されますが、広島産より小粒で身が締まって、旨みが凝縮されているのが特徴です。

引用:仙台・宮城観光推進協議会

田園

有名な人気店です。亘理、山元に店舗があり、日曜のお昼は行列ができたりしますので、お早目かお昼の時間帯をずらしていくといいと思います。

季節により獲れる魚が違うのでメニューが変わります。

秋にはらこ、冬から春にかけてかき、ほっき、夏はあなご、ほたてです。

引用:田園

ほっきめし定食 お吸い物、小鉢、お新香がついて 1,728円(税込)

かきめし定食 お吸い物、小鉢、お新香 1,512円(税込)

ほっきめし:12月中旬~5月下旬

かきめし:12月中旬~3月下旬

お持ち帰り(テイクアウト)あり

引用:田園

あら浜

こちらも有名店で亘理と仙台にもお店があります。

引用:あら浜

サラダ、小鉢、あら汁、お新香がついて

1人前1700円

ハーフ1400円

ほっきめし:12月中旬~7月末

かきめし:12月中旬~3月初旬

引用:あら浜

浜寿し

引用:食べログ

11:00~15:00

17:00~21:00

定休日:火曜日

TEL:0223-34-3101

宮城県亘理郡亘理町逢隈田沢字早川18-2

松島名物かき丼キャンペーン

松島の家庭で昔から親しまれている地元のどんぶりです。
お店ごとに天ぷらや佃煮のカキなどの様々どんぶりが
あるのでお気に入りを見つけてください。

引用:電脳松島絵巻

松島のかき丼は店舗により天ぷらや佃煮等いろいろバージョン有。

日本三景・松島の景色を見て、かき丼をいただくのもいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする