絵本画家・いわさきちひろ 生誕100年 仙台公演11/28「ちひろー私、絵と結婚するのー」

いわさきちひろ 生誕100年「ちひろー私、絵と結婚するのー」公演が11月28日(水)18:30~日立システムズホール仙台で行われます。いわさきちひろがなぜ、子どもたちの幸せと平和を祈って筆を執り続けたのか、100年後も世界から愛される絵本作家の人生を前進座がドラマ化。

引用:みやぎ生協

概要

いわさきちひろ生誕100年「ちひろー私、絵と結婚するのー」

公演日2018年11月28日(水)
時間18:30 開演(18:00 開場)
場所

日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)

〒981-0904
仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5

TEL 022-276-2110

チケット

一般価格 5,000円

みやぎ生協特別割引価格 4,700円 売り切れ次第終了

※全席自由

問合せ

前進座

チケット専用ダイアル 0422-49-0300

(9:30~18:00 ※第2,4土、日・祝日休み)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みやぎ生協文化会館内 こ~ぷ文化鑑賞会事務局
(営業時間 9:30~17:30 ※日・祝日休み)
TEL 0120-978-108

引用:日立システムズホール仙台

日立システムズホール仙台のフロアガイドはこちら

託児所なし

みどころ・ものがたりはこちら

いわさきちひろ

引用:前進座

いわさき ちひろは、1918年12月15日 、福井県武生市(現在の越前市)生まれました。子供の水彩画に代表される日本の画家、絵本作家で左利き。 常に「子どもの幸せと平和」をテーマにしていました。

水彩のにじみやぼかし使い、あどけないこどもの表情や愛らしいしぐさを描く。画面すべてに色を塗るのではなく空白部分を残す作品が多いが、これもちひろの特徴ですべてを描かない美しさがある。その優しい筆使い、タッチ、構成は絵本によく合い見る者を穏やかな気持ちにさせ惹きつけてやまない。

ちひろ美術館・東京

引用:ちひろ美術館

ちひろ美術館・東京

〒177-0042 東京都練馬区下石神井4丁目7−2

10:00~17:00(最終入館16:30)

休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)

入館料:大人800円、高校生以下無料

TEL:03-3995-0612

ちひろ美術館HPはこちら

いわさきちひろ生誕100年「Life展」

東京会場で11月3日(土)よりスタートする「作家で、母で つくる そだてる」には、現代美術作家の長島有里枝氏が参加。記憶や身近な人との関係性を手がかりに、自身のライフヒストリーや社会の陰にかくれてきた女性の創造性に光をあてる作品を制作してきた長島氏。その視点はちひろの作品と響きあい、女性に課せられる規範と折り合いをつけながら表現を行うふたりの生き方が交差する。

「作家で、母で つくる そだてる」長島有里枝
開催期間/2018年11月3日(土祝)~2019年1月31日(木)
会場/「ちひろ美術館・東京」 東京都練馬区下石神井4-7-2
開館時間/10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日/月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始、12月28日~1月1日
入館料/大人800円、高校生以下無料

引用:VOGUE

アクセス

●地下鉄の場合

仙台駅から市営地下鉄南北線・泉中央方面行き10分、

「旭ヶ丘駅」下車、東1番出口より徒歩3分。

●市バスの場合

バス停「旭ヶ丘駅」より徒歩2分。

●車の場合

東北自動車道「仙台宮城I.C.」を降り、仙台北環状線経由約30分

東北自動車道「泉I.C.」を降り、国道4号線、県道仙台泉線経由約30分

駐車場

95台(8時30分〜22時15分)

1時間まで100円、以後30分毎50円

センター駐車場の台数には限りがございますのでなるべく 公共の交通機関をご利用ください。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする