塩竈みなと祭2019 7/14(日)~15(月・祝) 花火大会・食事

塩竈みなと祭が7月14日(日)・15日(月・祝)開催されます。

志波彦神社・鹽竈神社の神輿をのせた御座船「龍鳳丸」「鳳凰丸」が約100隻もの供奉船を従え、色とりどりの旗をたなびかせて日本三景松島湾内を巡幸します。

前夜祭では花火大会が行われ、本祭では、勇壮な神輿渡御、海上渡御、陸上パレードが催され全国有数の海の祭典です。

「日本三大船祭」華やかな「塩竈みなと祭」を是非ご覧ください。

日本三大船祭:鹽竈神社のみなと祭・厳島神社の管弦祭(広島県)・貴船神社の貴船まつり(神奈川県)

引用:塩釜市観光物産協会

概要

塩竈みなと祭

開催日

前夜祭・花火 7月14日(日)

本祭 7月15日(月・祝)

時間

前夜祭 20:00~20:50

本祭 10:00~19:00

場所

前夜祭 マリンゲート塩釜周辺

本祭 塩竈市内各所

お問合せ

塩竈みなと祭協賛会事務局

TEL:022-366-2055(2019年5月13日~7月15日まで)

塩竃市観光物産協会HP

駐車場無 

 トイレ有

前夜祭

7月14日(日)小雨決行、悪天候は7月21日に順延

20:00~20:50

マリンゲート塩釜周辺

ステージショー、カウントダウンがあって約8,000発もの花火が打ちあがります。

縁日広場 15:00~ 花火大会前・屋台でやきそば、かき氷、串焼き等有。

交通規制があります。会場周辺 17:00~22:00

写真AC

舟を何艘も繋いで海に足場を作り打ち上げられる花火です。地元の花火師さんが丹精込めて作った花火が夜空を彩り、海面にも花火が映ります。晴れてちょっと風があると煙が流れてきれいに見えるんですけどね。

本祭

塩竈みなと祭は、志志波彦神社 龍鳳丸波彦神社 龍鳳丸

塩竈みなと祭は、昭和23年の戦後間もない時、疲れ切ってしまった市民の元気回復と港町の産業復興を願って始まりました。

古来、海からの道案内の役割を果たされ、この地に残られた鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)を年に一度海へお連れするというお祭りで、昭和39年からは志波彦神社の神輿と御座船「龍鳳丸」が海上渡御に加わり、鳳凰と龍の頭を持つ二つの船に御神輿が乗せられ港を巡幸されます。

イラストAC

神輿海上渡御

社務所発 9:40

発輿祭  9:45

発輿祭終了10:00

「御発ち !」の掛け声で、鹽竈神社の石段を神輿が白装束の氏子に担がれて市内へ、市内から海へ向かいます。

引用:塩釜市観光物産協会

鹽竈神社の神輿が黒漆塗で「鳳凰丸」、赤漆塗の神輿が志波彦神社で「龍鳳丸」へ。両社の神輿が一緒に渡御するのは年に1度、みなと祭の時だけです。

陸上パレード

よしこの鹽竈:即興で歌い踊る民謡で市内の小中校の子どもから大人まで約3,000名の市民が参加、お祭りを盛り上げます。

塩釜甚句:ハットセという掛声が踊りの間拍子に入る郷土の民謡。婦人会が「ハットセ踊り」として披露します。

屋台・食事・おみやげ

前夜祭からたくさんの屋台が出ます。港では海鮮焼きもおすすめです。

  

そして、塩釜はお寿司も美味しい。回るお寿司だってアホみたいに美味しい。海鮮丼は新鮮な魚介たっぷりあふれんばかりにキラキラ。

塩釜・お寿司のお店   海鮮・和食

お土産は藻塩。この地に伝わる独特の製法で作られ、味はまろやかで上品。料理、天ぷら、ステーキに! 鹽竈神社にあれば、お清め、魔除けにゲットしたい。

スイーツはこちら

アクセス

●JR仙石線・本塩釜駅から徒歩約10分。

●三陸自動車道・仙台港北ICから国道45号経由で6.5km

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする