つまみ細工の作り方・髪飾り「重ね剣つまみ」ブレスレットもご紹介

つまみ細工の作り方・髪飾り。今回は、剣つまみの応用で重ね剣つまみをご紹介します。まとめた髪の好きな位置に付けられ角度調整もできる使い勝手がいいUピンを使用。手の甲を飾るブレスレットや被るタイプの髪飾りもご紹介します。

準備するもの・つまみ細工ができるまで・土台を作る・糊板の準備はこちらをご参照下さい。

重ね剣つまみの作り方

材料

ちりめん(花)3㎝四方×5枚 2.5㎝四方×5枚 2.25㎝四方×5枚 

Uピンの丸土台(直径2.7㎝) パールビーズ4㎜1コ 素玉ペップ(黄)5コ

できあがり花直径サイズ 4㎝ 

●重ね剣つまみ

あらかじめ、2.5㎝四方の布の下に少量の糊をつけます。

ピンセットで手前に折りたたみ、親指で押さえピンセットを抜きます。山の手前を若干浅く折る(内側になる)と仕上がりがきれいで扱いやすい。ポイント

布の真ん中に挟み直し、さらに半分にたたみ、ピンセットを抜きます。

布が2枚になった三角の角をピンセットできれいに折り目が付くように押さえ整えます。布と布の間に糊を少量つけ角をくっつけます。これを5枚作成。

3㎝四方の布も同様に少量の糊を付け、三角に折ります。

さらに三角に折り角を整えくっつけます。

3㎝の三角と2.5㎝の三角の山を合わせ(高さは数㎜ズレます)、2枚の裁ち目を並べて(底辺は同じ)ピンセットで半分に折ります。

花びらの背にピンセットを挟み直し糊板に置く。

2.25㎝の布を剣つまみにします。三角に折り、また折って、折る。

形を整えピンセットで背に持ち替え、糊板に置きます。5枚

布の裁ち目がしっかりつくように糊板に置いて下さい。

●葺く

土台にボンドをつけておきます。

花びらを1枚ずつ、糊板からピンセットで取り、下辺の余分な糊を落とし先端を整えます。

土台の上に花びらを葺きます。

2枚目…5枚を葺き、形を整える。花びらの凹み部分にピンセットを入れ少し広げます。

この時、足がしっかりついているか、裏もチェック。ボンドが足りないようなときは爪楊枝で塗って下さい。渇くと透明になりますので大丈夫ですよ。

2.25㎝剣つまみを葺く。花びらと花びらの間にギュッと入れます。土台からちょっとはみ出しますが、それでOKです。

5枚テンポよく葺いていきます。

パールビーズにボンドをつけて花の中央に入れます。

ペップを1㎝にカットし、ボンドをつけてバランスよく入れていきます。

出来上がり。

作品

●ブレスレット

中指にループをかけ甲を飾るタイプ。手首だけのものではないので、パーティやダンス(手の動きを美しく見せたい等)の時くらいですかね。装飾性がある分、手洗いの時は外さないといけないので日常には向きません。が、きれいです。

組紐の長さは、その人の手の大きさに合わせて決めます。花がきれいな位置にくるように。長すぎてもだらんとした感じになってしまうし、ぴったりに作ると付け外しが大変なので調整してください。別の糸でサイズを測るといいかも。

            裏面

●髪飾り

被るタイプの髪飾り。ただ、頭にのせるだけ。2本の組紐で輪にしています。こちらもその人の頭のサイズに合わせて組紐の長さを調節します。黄色は黒い髪に映えてかわいいです。色合いもそれぞれ楽しんでくださいね。

            裏面

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする