羊毛フェルトの作り方 指人形「天使」フェルトを布の様に作り人形にまとわせる

羊毛フェルトの作り方・指人形の「天使」です。ペンキャップで作った芯を今度は指に合わせマジックペンを使い少し大きめに作ります。要領は一緒です。少し面倒ですが、首が動いた方が指人形としてかわいらしい。ふわふわしているので子供の指にも優しく見ていて癒されます。

準備するもの

基本の道具・材料

ニードル  マット  羊毛  わた

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

作品により

モール(芯) リソッドアイ(目) ループ状の糸 目打ち ボンド 

装飾用ビーズ・レース 

指人形の作り方

基本の道具と材料で指人形「天使」を作ります。

土台部分・芯を作る

土台となる芯の部分を作っていきます。直径3.5㎝前後くらいがちょうどいいと思います。

ハイマッキーのサインペン。女性の人差し指であれば「細」の方くらいでちょうどいい。

わたは少しきつめに巻きニードルで刺していきます。指を刺さないように注意です。

丸くなるよう上下左右から刺し固めます。※上下左右から刺し固めるこれが基本です。

上部もわたを盛り、下も忘れずに刺してください。ペンを抜き内側も。

固めたい時は少し指で圧をかけると固まりやすくなります。初めからカチカチに固めないのがコツです。ちょっと不格好でも徐々に、ゆるめで大丈夫ですよ。

丸くなっているか全体をチェックし、足りないところはわたを足していきます。

芯の内側が埋もれないようにペンを刺して外、抜いて内側を、を繰り返し形を作っていきます。

芯の完成です。            横から

芯の作り方はペンキャップとほぼ同様。よければこちらもご参考に。

フェルトとループ状の糸で形を作っていく

材料 羊毛フェルト 生成り:顔・手・足 ピンク:服 濃いピンク:目 白:羽根      黄色:リング  ループ状の糸(毛糸) ピンク:髪

顔と胴体を作る

顔の部分になるとことに生成り色のフェルトを薄く3~4回重ねて刺していきます。なんとなく丸くて顔にするとかわいい面を正面に選びましょう。穴の少し内側までしっかりとフェルトを刺します。

次にペンを刺しピンクのフェルトをペンの周りに巻いていきます。

首と服の接着部分を刺し、ペンを刺さないように横から刺します。厚みが足りないところはフェルトを足しながら。

今度はペンを抜いて外から刺します。

内側はサラッとで大丈夫ですが、首との接着部分も刺しておきましょう。

胴体は4㎝位。裾の部分は針先でクロスするようにまとめていきます。スカートで隠れるのでザクっとでいいです。

広がってしまった時は少し周りを抑えめに刺すと締まっていきます。

手・足を作る

フェルトを大体手でちぎり手は3㎝、足は4㎝くらい片側は丸く刺し、接着部分はふわふわのままで。

胴体や手を短めにすると子供っぽく、長めにするとお姉さんっぽくなります。手足の刺し加減はふわっとゆるめです。お好みでどうぞ。

顔を正面に向け、ちょうど真ん中左右に足が来るように胴体の内側に足をつけます。

内側からも刺しましょう。

スカート部分を作る

フェルトを布の様に薄く作ります。手間がかかりますが、ある意味刺すだけのルーティンワーク。指を刺さないようにゆっくりとで大丈夫です。

マットの上にピンクのフェルトを薄く敷きます。横17㎝・縦3.5㎝くらい。

全体的に刺せたら、裏返しにしてまた刺します。薄いところにフェルトを足し裏表刺します。

ある程度刺し固まったら、片側の長い方の端を針先でまとめるように刺します。ここはスカートのすそ部分になります。反対側は接着部分になるのでそのままで。

再度、裏表刺します。

すそ部分も刺し、少し扇型の布のように仕上げます。

扇型の中心部分を胴体正面から刺していきます。

ところどころにタックをつけ後ろでスカートが回るくらいに調整。

スカート部分を後ろで接着・刺して馴染ませます。すそ部分もつないでおきましょう。

ちょうど左右にくるように手も付けます。

髪・目・羽根・輪を作る

ピンクのループ糸で髪を作ります。前髪、横、後ろ、トップと形を作っていくと作りやすいと思います。

羽根は白のフェルト小さい羽根のパーツ3つと大きい羽根を合体、左右作り背中に刺します。

黄色のフェルトを細く取り指で輪の形を作りニードルで刺します。細かいので気を付けて下さいね。捻ったくらいで大体出来てますので。

最後に濃いピンクで目を作っていきます。

仕上げ

目を入れ、パーツを合体させたら完成です。

お好みでレースやラインストーン等で飾りをつけてもOK。

色違いの天使たち

クリスマスツリーのオーナメンにも木に天使が飛んで来ているようで合いそうですね。軽いのでモビールもいいかもしれません。その時は芯の面倒な穴作りもいらないかな***

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする